今日は、もう一つの六甲道マンションリノベーション奮闘記 in 神戸市灘区

この現場は、以前のブログで報告していました素のLDKにしたり、キッチンカウンターのタイルをセレクトしたりと奮闘したマンションのリノベーションが遂に完成しました。

まだ養生とか残っていますが・・・

おしゃれに言うとコンセプトは、ホテルライクな設備と戸建ライクな雰囲気を併せ持つ開放感あふれる空間にしています。

そこで、注目してもらいたいのがLDKとUBです。
LDKはデザイン性とそのLDKに集うファミリーをイメージして完成しました。

キッチンとダイニングテーブルとカウンター。

これぞ、トリプルカウンターアタック…。なんかすごそうでしょ。

変則なU型のキッチン。I型とL型を組み合わせてレイアウト。

キッチンの横には備え付けのダイニングテーブルが伸びてキッチンに広がりを持たせています。
キッチンの腰壁を囲う白のモザイクタイルの輝きも注目です。LDKの天井にはレール式のスポットライト。

洗い物をする方の手元を明るく照らします。又、ダイニングテーブルの上にはダウンライトを取付。
食事の時間も雰囲気のある空間を演出してみました。

そして、洗面所はホテルライクなセパレートタイプのリクシルの洗面台を取付。天井が高く、ここもgoodな雰囲気。

その奥には注目のUB!!デザイン引き戸の扉を開けると1620サイズの、マンションではあまり使われない大きなサイズです。
タイル貼りのアクセントと共に上質なリラックスタイムを演出します。

そして、その他に洋室が4室。その内2室にはWICがついており、収納力にも優れた間取りとなります。
2Fには12帖ある大きな部屋もあります。2Fは天井高も高く、広さと共に開放感を感じることが出来ます。

そして、2Fに上がる階段の壁面には間接照明とアクセントクロスで高級感と開放感の両方を兼ね備えた空間です。

ワンランク上の雰囲気を感じてもらえると思います。
1F、2Fともに洗面台+トイレがあり、戸建ライクな生活が可能です。

全体的に照明を多用し、日中の陽当たりだけではなく夜のリビングライフを家族で楽しめるように作っています。

関連記事

物件情報

PAGE TOP